初心者でも楽しめる!ミラノの「ブレラ絵画館」の魅力、徹底解剖!

初心者でも楽しめる!ミラノの「ブレラ絵画館」の魅力、徹底解剖! | イタリア観光ガイド

ブレラ絵画館に行ってきました!

ミラノで最も有名な美術館「ブレラ絵画館(ブレラ美術館)」。実は、「どのような作品が所蔵されているかよく知らない!」という方は多いと思います。ここではブレラ絵画館の見所をたっぷりご紹介いたします♡

ブレラ絵画館とは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. イタリアの有名芸術家たちの作品を堪能できる点
  2. 北イタリアの名画がたくさん所蔵されている点
  3. 観光地からのアクセスが良い点

ブレラ絵画館はイタリア語で「Pinacoteca di Brera(ピナコテカ・ディ・ブレラ)」といいます。主にヴェネツィアやミラノなどの北イタリアの名画が中心に飾られていて、見応えたっぷり。歴史や美術の教科書で登場するような、超有名作品はないものの、カラヴァッジョやラファエロといった、イタリアを代表する芸術家たちの作品にたくさん触れることができます。

「ブレラ絵画館」 押さえておくべき魅力とは?

ブレラ絵画館のシンボル「Il bacio」

ブレラ絵画館の顔と言えばコレ!フランチェスコ・アイエツ(Francesco Hayez)の「イル・バーチョ(接吻)」です。イタリアのテレビやCMなどにもよく登場する有名作品で、現地では絵画の前で本当にキスをしながら撮影するイタリア人カップルもいました(笑)。宗教画が多い館内で、ストレートな表現の本作は、パッと際目を惹く一枚。これだけは時間がなくともご覧ください。

華やかな1枚「Sposalizio della Vergine」

イタリアが生んだ巨匠ラファエロ・サンティ(Raffaello Santi)が描いた「聖母の結婚(スポザリツィオ・デッラ・ヴェルジネ)」。聖母マリアと聖ヨセフの結婚式のシーンを描いたもので、大きな絵画から放たれる幸福感や甘い雰囲気が、館内でもひときわ目を惹きました。ラファエロの優しいタッチで描かれたマリア様がとてもきれい。飾られている額縁も豪華です。宗教画の中でも見やすいテーマだと思うので、是非じっくりご覧ください。

ド迫力!「アレクサンドリアにおける聖マルコの説教」

あまりの大きさゆえに、圧倒されてしまったのがジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini)の「アレクサンドリアにおける聖マルコの説教(Predica di san Marco ad Alessandria d’Egitto/プレディカ・ディ・サン・マルコ・アド・アレッサンドリア・デェジット)」です。部屋の中には347×770 cmの絵が「どん!」と飾られおり、かなり見応えアリ。遠近法が見事で、しばらく見ていると、絵の中に吸い込まれそうになります。

ヴェネツィア派、カナレットの「風景画」

写真はヴェネツィアを中心に活躍した画家「カナレット(Canaletto)」の風景画のひとつ「Veduta del canal grande(ヴェドゥータ・デル・カナル・グランデ)」です。18世紀頃のヴェネツィアを巧みに表現した作品たちは、ヴェネツィアに行ったことのある人にとってはグッとくるものがあるハズ。「ここ、行ったことある!」なんて楽しみながら1つ1つご鑑賞ください。

ブレラ国立図書館

「ブレラ国立図書館(Biblioteca Nazionale Braidense/ビブリオテーカ・ナツィオナーレ・ブライデンセ)」は、ブレラ絵画館の奥に潜む隠れ人気スポットです。海外の図書館…というだけでわくわくしますが、それがイタリアのものとなれば、興奮は最高潮です!一般の人も利用している図書館ですので、館内ではお静かに。美しいシャンデリアや蔵書。図書館ならではの静寂をたっぷりお楽しみください。

ブレラ絵画館で見つけたグルメ、是非食べてほしい逸品

Osteria di Breraのシーフード

「オステリア・ディ・ブレラ」は、ブレラ絵画館の対面にある人気のレストラン。(ちなみに、その隣にある”ナブッコ/Nabucco”も、人気店です。)ミラノのあるロンバルディア州は海なし州ですが、ここはシーフードが美味しい!「イタリア料理といったらシーフードでしょ!」という方は、是非食べてみてください。ミラノの郷土料理も豊富に取り揃えられていて、美味しいですよ!

ブレラ絵画館 ワンポイントアドバイス

「公式SNS」
さすがは世界の流行発信地ミラノ。ブレラ絵画館でも日々、公式SNSにてさまざまな情報を発信しています。「事前に下調べをしない方が、絵を見た時に純粋に感動出来る!」という方は、来訪後に。そうでない方は、来館前の準備にお役立てください。イタリア語での配信になりますが、Instagramなどは写真がメインなので、感覚的に楽しむことができるでしょう。

ブレラ絵画館での注意点 押さえておくべき事項3選

ブレラ絵画館観光での注意点
  1. 写真撮影は譲り合って行いましょう。
  2. 朝イチは空いている可能性が高いです。
  3. 無料入館日(毎月第一日曜日)にご注意ください。

ブレア絵画館はそこまで広くない為、週末はあっという間に人でごった返します。朝8時30分からオープンするので、早めの来訪が吉。混んできたら写真撮影は譲り合って行いましょう。また、イタリアでは毎月第一日曜日は、多くの美術館や博物館が入場無料になるので、この日に来館予定の方はご留意下さい。

まとめ

ブレア絵画館はミラノの象徴「ドゥオモ」などのある街の中心地から、歩いて10分強で行くことができます。主要な作品だけチェックするのであれば、2時間程度で見て回ることが出来ると思いますので、是非ミラノ旅行の際は足を伸ばしてみてください。「最先端」という言葉が似合うミラノですが、街中の風景と少し異なる15~18世紀の絵画に触れるのも、オツですよ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。