自動車工場をリノベーション!トリノ「リンゴット」の魅力

自動車工場をリノベーション!トリノ「リンゴット」の魅力 | イタリア観光ガイド

リンゴットに行ってきました!

トリノ市内から電車で10分ほどのところにあるリンゴット地区。ここはかつて伊自動車メーカーFIAT(フィアット)の巨大自動車工場があったことで有名です。元工場は、現在一大観光スポットに!いったいどのようなところなのか?!その魅力をご紹介します。

リンゴットとは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. 巨大自動車工場跡地に入ることが出来る点
  2. 併設の絵画館で、名画に触れられる点
  3. 元工場を利用したモールでショッピングを楽しめる点

「リンゴット(Lingotto)」は、ピエモンテ州の州都トリノ郊外にある地区の名前です。かつてフィアット社の巨大自動車工場があったことから「リンゴット=工場」という人も…。工場はリノベーションされ、現在大部分がショッピングモールになっていますが、一部、かつての状態のままになっています。屋上にある自動車のテストコースは有料で見学可。絵画館も併設されている為、名画鑑賞も一緒に出来ちゃいます♪

リンゴット観光 押さえておくべき魅力とは?

元工場→ショッピングモールに大変身!

かつての自動車工場は、現在大部分が「8gallery」というショッピングモールに生まれ変わりました。このショッピングモール、見れば見るほどスゴイ!とにかく、元工場を上手に活かした、見事なつくりになっているのです。モールの入口を入るとすぐに目の前に広がる螺旋状のスロープ。屋上のテストコースへ向かう為のレーンで、実際に上を歩くことも出来ました。

屋上にあるテストコース

かつて工場の屋上にあった自動車のテストコースは、現在でもそのままの状態で保存されています。モール内にある「ジョヴァンニ & マレッラ・アニェッリ絵画館(Pinacoteca Giovanni e Marella Agnelli)」の中のエレベーターを使って上がることができるので、是非行ってみて!カーブしたトラックを歩けば、ワクワクドキドキは最高潮に…!こんな機会、そうそうありません。イタリアの自動車愛を感じるとっておきのスポットは、感覚的に楽しめる点も魅力です。

絵画館にある名画たち

工場跡の珍しい景色にばかり、気を取られていてはモッタイナイ!屋上とセットで見学できる絵画館にある絵も、とても貴重なものばかりで見逃せません。さすがはフィアット元名誉会長のコレクション。正直「なんでこんな名画がこんなところにあるの!?」と目を疑ってしまうようなものばかりで、思わず二度見、三度見してしまいました。屋上階と同じかそれ以上に、こちらも一見の価値アリです。

施設内から見るトリノのながめ

屋上や館内からの眺めも見逃せません。リンゴットは街の中心部から5キロほど離れているので、トリノのシンボル「モーレ・アントネリアーナ(Mole Antonelliana)」の塔の全体を見て取ることができました。また、すぐ近くには2006年のトリノオリンピックで使用した選手村跡地なども!一枚の写真の中に、トリノの中世~現代までを一度に収めることが出来る、独特の眺望は息をのむ美しさです。

眺望の先にあるガラスのドーム

リンゴットに来た方全員がおそらく驚かれるであろう、屋上に設置された謎のガラスドーム。これは「泡」を意味する「ボッラ(Bolla)」というイタリア語名で呼ばれており、中は会議室になっています。奥にはヘリポートも。日本でも有名な「 レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)」が手掛けた元工場の再開発は、とにかく全てがカッコイイ!うっとりすること間違いありません。

リンゴットで見つけたグルメ 近くまで行ったら是非食べてほしい逸品

Osteria del FIAT

「オステリア・デル・フィアット」は元工場のすぐ隣にあるレストラン。かつては工場で働く人たちの食事スポットとして、現在ではフィアットファンの聖地として、営業を続けています。どのお料理もリーズナブルで美味しい!店内には全盛期の工場の写真や、フィアット車にまつわる貴重なアイテムがたくさん。イタリア車に興味がない方も、これを機にファンになってしまうかもしれません。

リンゴット観光 ワンポイントアドバイス

「施設内のホテルに泊まると無料で有料エリアに入ることが出来ます」
元工場にはショッピングモールの他にホテルも入っています。宿泊者は無料で有料エリア(テストコース&絵画館)に入ることが出来ますよ!通常は12ユーロかかるので、何回も来て、とっておきのテストコースの写真を撮りたい方などは、利用するのもテ。街の中心地からもすぐなので、ホテル選びのひとつとして是非検討してみてください。

リンゴット観光での注意点 押さえておくべき事項3選

リンゴット観光での注意点
  1. 屋上(テストコース)は有料エリアです。
  2. 屋上&絵画館への入口はショッピングモール内にあります。
  3. 有料エリアは月曜休館です。

工場跡は、ショッピングモールの部分は自由に見て回ることが出来ます。但し屋上は有料。入口やチケット売り場はモールの内にあり、少しわかりにくい場所にあるのでお気を付けください。また、休館日は月曜日です(ショッピングモールは毎日営業)。

まとめ

コテコテのヨーロッパらしい街並みや歴史探訪にちょっぴり疲れた方、車が好きな方、はたまた小さなお子様にも楽しく見学できるリンゴットの巨大自動車工場跡。トリノの穴場観光スポットの一つは、とにかく大きいがゆえに、混雑することが少ないので、いつでものんびり観光できますよ!目の前にはグルメデパートのEATALYの本店もあるのでお土産購入がてらの来訪も◎是非足を延ばしてみてください。

関連記事

  1. Puffco

    puffco peak pro atomizer stain puffco peak how to clean

  2. quarantine rules Hawaii

    1978 hawaii drinking than drugs