ローマ最小級!サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会に癒される。

ローマ最小級!サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会に癒される。|イタリア観光ガイド

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会に行ってきました!

ローマの下町、トラステヴェレ地区(Trastevere)にある超超ちびっこ教会「サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会」。友人のススメで勇気を出して入ってみると…とっても良かったのでご紹介します★

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会とは?行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. ローマ、最小級の教会を見学出来る点。
  2. 中世のカトリック文化をたっぷり吸収出来る点。
  3. ローマの下町、トラステヴェレ地区もセットで観光出来る点。

「サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会(Chiesa di San Benedetto in Piscinula/キエーザ・ディ・サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ)」はローマの下町エリアと言われるトラステヴェレ地区にある教会。ローカルな雰囲気満点の小さな広場の一角にあり、まさに”知る人ぞ知る”といった雰囲気が、ツウにはタマラナイ観光スポットです。

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会 押さえておくべき魅力とは?

目印の「十字架」

ピシヌーラ広場(Piazza piscinula)を囲む建物たちの隙間にきゅっと収まる小さな外観。てっぺんに取り付けられた十字架を見て、ようやく「あぁ、ここかぁ」とわかるほど、サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会の外観はとってもシンプルです。初めてのローマ旅行の方には物足りないかもしれませんが、主要スポットに食傷気味の方は、絶対テンションアップ間違いなし!早速中に参りましょう。

12世紀の「聖母子像」

館内に入ると、早速重要そうな宝物を目の当たりにします。メインフロア手前にある聖母マリアの礼拝堂。壁に掲げられた聖母マリアは”慈悲の聖母”をテーマにしたもので、なんと12世紀に描かれたフレスコ画です。もともとは聖母マリアを祀っていたサン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会。この部屋の手前の前室(Vestibolo)や、中央祭壇でも聖母マリアの姿を見ることが出来ます。

「聖アンナと聖母子」

メインフロアに入ると中央祭壇の右側の壁に興味深い作品があります。聖母子像…と思いきや、もう一人!3人目の人物は、聖母マリアの母であり、イエスさまの祖母である聖アンナ。「Sant’anna metterza(サンタンナ・メッテルザ)」という、聖アンナをテーマにした15世紀頃描かれた1枚で、聖アンナの膝の上に乗った可愛らしい聖母マリアとイエスさまが印象的です。

若き日の「サン・ベネディット」

聖アンナたちの右側には14世紀に描かれた教会のシンボル、ヌルシアのベネディクトゥス(サン・ベネデット)の姿も見られます。480年頃誕生したと言われるヌルシアのベネディクトゥス。彼が一時、身を置いていた場所に後年(8世紀)、サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会の前身となる建物が建てられたことから、教会のシンボルとして祀られるようになりました。

12世紀のコズマーティ様式の「床」

外観や中央祭壇の後ろ(アプス)などは19世紀から20世紀にかけて修繕されたため、場所によってはかなり新しい雰囲気もあるサン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会。ですが、ところどころにかなり年代の古いものが混ざっている点が、たまりません。こちらはいかにも年季が入っていそうな床。全体のある一部分だけは、12世紀のものがいまだに使われているんです。当時流行したコーズマティ様式の模様にもご注目ください。

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会 是非食べてほしい逸品

La Gattabuia

「ラ・ガッタブイア」は地元の人が選ぶグルメランキングなどで常連のレストラン。レストランのランチョンマットにも載っているカルボナーラ(Carbonara)がとにかく評判です。(実際はショートパスタが使われます)。ガッタブイアは日本でいう「豚箱」のような俗語。犯罪級!?の絶品メニューを是非味わってみてください。

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会ワンポイントアドバイス

「”ピシヌーラ”の名前の由来とは」
サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会は「ピシヌーラ地区にあるヌルシアのベネディクトゥスのための教会」という意味のイタリア語。ピシヌーラは、イタリア語の”プール(Piscina/ピッシーナ)”と同じルーツを持つ言葉で、昔この場所に魚市場で扱う魚用のプール(池)があったことに由来します。

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会での注意点

サン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会での注意点
  1. 10時から12時、16時半から19時45分迄開いています。
  2. 月曜はクローズしています。
  3. 入場無料です。

教会のあるピシヌーラ広場(Piazza piscinula)は、どちらかというと広場というより、駐車場のような雰囲気です。車の出入りが多いので交通事故等に気を付けて教会に向かってください。

まとめ

トラステヴェレ地区に来て「ちょっと地元の教会を覗いてみたいな~」と思った方にはぴったりのサン・ベネデット・イン・ピシヌーラ教会。ローマ最小級の教会とも言われており、隠れ家のような不思議な世界観は、他のローマ市内の教会とは一味も二味も違った味わいを感じることが出来るでしょう。是非、ローマの下町観光とセットで見学してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。