隠れ家みたい!ローマ、サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂

隠れ家みたい!ローマ、サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂|イタリア観光ガイド

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂に行ってきました!

「サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂」はローマを構成する七つの丘のうちのひとつ、チェリオの丘にある少し珍しい聖堂です。建物は複合施設になっているのですが、今回はその中の「聖堂」部分に的を絞って、魅力をご紹介します♪

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂とは?行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. 要塞のような外観を見学出来る点。
  2. チェリオ地区(チェリオの丘)をセットで巡れる点。
  3. 時代に翻弄された、ユニークな聖堂の姿を見られる点。

「サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂(Basilica dei santi quattro coronati/バジリカ・デイ・サンティ・クアットロ・コロナ―ティ)」はローマのチェリオの丘(Colle Celio)にある聖堂。コロッセオ等の有名観光地からも近く、ローマの豊かな歴史が築き上げたユニークな聖堂の姿をたっぷりと鑑賞することが出来ます。

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂 押さえておくべき魅力とは?

Via Dei Santissimi Quattro

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂(サンティ・クアットロ・コロナ―ティ教会)があるのは「サンティッシミ・クアットロ通り(Via Dei Santissimi Quattro)」。とっても細い道なのですが、緩やかな坂になっていて、なかなかの風情があります。通りはコロッセオの目の前から伸びているので、セットでの観光も◎ローマならではの風情を全身で感じながら、聖堂の入口を目指しましょう。

聖堂らしからぬ外観

ローマの聖堂…と聞いて想像する華やかな雰囲気とは、正直ちょっとかけ離れた感じの外観。ローマ教皇がかつて住んでいた、ラテラノ宮殿から約600メートルの程のところに立地しているサンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂は、その立地ゆえ、教皇をかくまう為の施設や要塞的な役割も担っていたことから、今日のような、無骨で飾り気のない不思議な外観となりました。時間がない方は、外観だけでも是非ご覧になってみてください。

入り口の先にある中庭

聖堂の入口を抜けると、まもなく中庭にたどり着きます(中庭は真ん中で2つに区切られていますが、ひたすらまっすぐ進むと入口が見えてきます)。なんとも複雑な構造ですが、これはサンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂が、長い歴史の中で再建や修復を繰り返してきたことを物語っています。さらに奥には回廊(有料)もあり、趣が全く異なる美しい空間が広がっています。

壁を彩る、鮮やかなフレスコ画

外壁をじっくり見ていると、いたるところに美しい壁画があしらわれていることに気付きます。注目は、教会のシンボル「サンティ・クアットロ・コロナ―ティ(4人の聖なる王冠を被った人々)」の姿。彼らはローマ皇帝ディオクレティアヌス(在位:284-305年)のもとで、無念の死を遂げたカトリック教徒で、教会内にも彼らにまつわる作品が多数飾られています。

息をのむ、中央祭壇

中庭を抜けて聖堂内に入ると、早速、突き当たりにある中央祭壇の眩さに圧倒されます。上部のくぼみの部分(アプス)に描かれているのは聖人たちの栄光の物語、そして先ほどご紹介したサンティ・クアットロ・コロナ―ティの物語です。ジョヴァンニ・ダ・サン・ジョヴァンニ(Giovanni da San Giovanni)の17世紀前半の作品。しっかりと見たい方は館内が明るいウチのご来館がオススメです。

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂 是非食べてほしい逸品

Ichnusa

「イクヌーザ」はサルディーニャ島のビール(サルディーニャの昔の呼び方に由来します)。本来ならばサルディーニャ島で飲むのが一番なのですが、なかなか初めての旅行で離島まで巡るのは難しいもの…。そんな時、首都ローマであれば日本の東京のように全国津々浦々のご当地グルメを楽しむことが出来るので◎クセが少なくさわやかな飲み心地。ピザとの相性も抜群ですよ♪

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂ワンポイントアドバイス

「複合施設エトセトラ」
サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂は大きく「聖堂本体(Basilica)」「回廊(Chiostro)」「サン・シルヴェストロ礼拝堂(Cappella di San Silvestro)」「ゴシック様式のホール(Aula gotica)」の4つのパートで構成されています。聖堂のみ入場無料。回廊と礼拝堂は2ユーロ。ホールは事前予約が必要で10ユーロとなります。

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂での注意点

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂での注意点
  1. 毎日6時半から12時45分、15時から19時45分迄開いています。
  2. 聖堂本体は入場無料です。
  3. 館内には有料エリアあり。

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂は入口までの中庭と、聖堂本体のみ無料で見学出来ます。右手にある礼拝堂や、左手にあるホール、回廊などは有料となりますのでご留意ください。

まとめ

サンティ・クアットロ・コロナ―ティ聖堂はコロッセオから歩いて約10分。反対側にあるラテラノ宮殿からも歩いて約10分のところにあります。3つの施設は1つの道で繋がっているので、初めてのローマ観光の方にも観光しやすいハズ!是非ゆっくり時間をとって人気の観光地をセットで巡ってみてください。有料ですが、回廊や礼拝堂もオススメ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。