寄らずに帰れない!ヴェネツィア、サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会

寄らずに帰れない!ヴェネツィア、サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会|イタリア観光ガイド

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会に行ってきました!

ヴェネツィアの駅ヨコにあるアクセス抜群の「サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会」。意外と中まで入ったことがない方が多いのではないでしょうか?!今日は、これだけは!という見どころを厳選してご紹介します。

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会とは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. なんといっても駅チカな点。
  2. バロック様式の華やかな外観を堪能できる点。
  3. ヴェネツィアの名アーティストたちの競演を楽しめる点。

「サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会(Chiesa di Santa Maria di Nazareth/キエーザ・ディ・サンタ・マリア・ディ・ナザレ)」は、ヴェネツィアの陸の玄関口、ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅(Stazione di Venezia Santa Lucia)のすぐ横にある教会。イタリアらしさが濃縮された教会で、観光前後のスキマ時間にササっと立ち寄れる点も魅力です。

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会 押さえておくべき魅力とは?

「華やかなファサード」

改札を抜けると、ついつい目の前の雄大な運河に目を奪われがちなヴェネツィア。ですが、左手にあるサンタ・マリア・ディ・ナザレ教会の正面口(ファサード)をお見逃しなく!設計したのは、地元ヴェネツィア出身の芸術家、ジュゼッペ・サルディ(Giuseppe Sardi)。バロック様式で造られた白亜の外観は、彼の代表作のひとつです。

「モーラ家の礼拝堂」

ヴェネツィアを象徴するサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂を手掛けた、バルダッサーレ・ロンゲーナ(Baldassarre Longhena)。彼が手掛けたサンタ・マリア・ディ・ナザレ教会の「モーラ家の礼拝堂(Cappella Mora)」も、聖堂とはまた違う、洗練された美しさが光ります。黒色の柱がシックで素敵。中央にはドイツ人彫刻家、 メルキオール・バーセル(Melchior Barthel)の手がけた洗礼者ヨハネの姿も見て取れます。

「美しい中央祭壇」

全体の設計はバルダッサーレが中心となって手掛けたサンタ・マリア・ディ・ナザレ教会ですが、中央祭壇は彼の死後ジュゼッペ・ポッツォ(Giuseppe Pozzo)の手によって整えられました。”ソロモンの柱”とも呼ばれる、ねじれた柱がより華やかな雰囲気に…。祭壇の両サイドや天井には「シビュラ」と呼ばれる、いわば古代における巫女さんのような人物たちが12体飾られています。こちらも必見。

「ヴェネツィア最後のドージェの墓」

教会にはヴェネツィア最後のドージェ(当時のヴェネツィアにおける最高権力者の名称)ルドヴィコ・マニン(Ludovico Manin)のお墓もあります。場所は「マニンの礼拝堂(Cappella Manin)」。こちらも中央祭壇に引けを取らないくらい美しい彫刻が見どころで、中央に飾られたものは、シビュラの一部も手掛けたジュゼッペトレット(Giuseppe Torretto)の作品です(ちなみに、お墓はこの彫刻の下にあります)。

Cappella Ruzzini

中央祭壇を挟んで、マニンの礼拝堂の向かいにあるのが「ルッツィーニ家の礼拝堂」。聖テレジア(アビラのテレサ)という聖人にまつわる作品が多く飾られているのが特徴(写真はニッコロ・バンビーニが描いた聖テレジア)です。天井にはイタリアを代表する画家ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ(Giovanni Battista Tiepolo)のフレスコ画も…。こちらも見逃せません。

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会 是非食べてほしい逸品

「Nino and friends」

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会の前の道を3~4分歩くと右手に見えてくる可愛らしいお菓子屋さん。南イタリアのソレントという街で産声を上げた「ニーノ・アンド・フレンズ」は、今やイタリア各地に出店し、それぞれちょっとずつ雰囲気が違う点も見どころです★お土産に便利な1,000円以下のチョコレートや日持ちするコーヒー豆などがオススメ☆是非チェックしてみてください。

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会ワンポイントアドバイス

「”ナザレ”とは…」
教会の名前の中にある「ナザレ」とはイスラエルにある街の名前。ここはカトリック教徒にとって聖地のひとつで、聖書の中にはこの”ナザレ”の地名がしょっちゅう出てきます。聖母マリアが天使ガブリエルからイエスさまを身ごもっていると告げられた場所もナザレ。また、イエスさまの父ヨゼフもナザレで生まれ、ナザレで亡くなったとも言われています(諸説あり)。

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会観光での注意点

サンタ・マリア・ディ・ナザレ教会観光での注意点
  1. 午前は7時から13時まで開いています。
  2. 午後は14時30分から18時45分まで開いています。
  3. Chiesa degli Scalziと呼ばれることもあります。

教会は13時から14時30分迄お昼休みとなりますので、ご注意ください。毎日開いており、無料で中に入ることが出来ます。スカルツィ教会(キエーザ・デッリ・スカルツィ)と呼ばれることもあるのでご注意。

まとめ

バスやタクシー、自転車などで移動することの出来ないヴェネツィア本島は、意外とスキマ時間が発生してしまいがち。少し余裕をもって駅に到着した際は、是非、目の前のスカルツィ橋を見つつ、駅ヨコにあるサンタ・マリア・ディ・ナザレ教会に立ち寄ってみてください。入場無料。イタリアの教会らしさが濃縮されており、旅の思い出づくりにぴったりです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。