最古の教会モザイクが見られる!ローマ、サンタ・コスタンツァ霊廟

最古の教会モザイクが見られる!ローマ、サンタ・コスタンツァ霊廟|イタリア観光ガイド

サンタ・コスタンツァ霊廟に行ってきました!

ローマ郊外の「サンタ・コスタンツァ霊廟」。ずっと行ってみたいと思っていた、イタリアカトリック文化を語る上でとっても重要な聖地に行ってまいりました。美しい外観、内部の様子をご紹介します。

サンタ・コスタンツァ霊廟とは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. 最古の教会モザイク画を見学出来る点。
  2. 4世紀のユニークな芸術文化に触れられる点。
  3. 美しい筒型の霊廟で、神聖な気持ちになれる点。

「サンタ・コスタンツァ霊廟(Mausoleo di Santa Costanza/マウソレオ・ディ・サンタ・コスタンツァ)」は、ローマ郊外にある聖コスタンツァ(サンタ・コスタンツァ)の為の霊廟(お墓)です。当初は彼女の為のお墓として設立されたものの、その後教会や礼拝堂などとしても利用され、時代毎に内装も都度、つくり替えられていきました。

サンタ・コスタンツァ霊廟 押さえておくべき魅力とは?

ウェディングケーキのような外観

ローマ市内を観光されたことのある方は、この形…どこかで見たことがあるかもしれません。そう、サンタンジェロ城にそっくりなんです。この、ウェディングケーキのような円筒形の形は、古代ローマの皇帝や貴族のお墓の定番のかたち。サンタンジェロ城は、古代ローマ皇帝ハドリアヌスらのお墓としてつくられたものですが、サンタ・コスタンツァ霊廟は、古代ローマ皇帝コンスタンティヌス1世が娘、コスタンツァのために制作されました。

優しい色合いの天井

中はそこまで広くはないのですが、中央付近のクーポラ(ドーム屋根)に窓がたくさん設置されている為、なんだかその場にいると、天に召されるような神聖な気持ちになります。クーポラの直径は約22.5メートル。元々は格子窓に囲まれるようにして、内側にモザイクがあしらわれていたのですが、屋根が重くなってしまう為、1620年に現在のような宗教をテーマとしたフレスコ画へと改装されました。

コスタンツァのモザイク

クーポラ部分のモザイク画は残念ながら無くなってしまいましたが、サンタ・コスタンツァ霊廟では、クーポラを囲むようにドーナツ状にモザイク画があしらわれており、いまでも楽しむことが出来ます。写真はおそらくコスタンツァ自身なのではないか、と言われている人物画。4世紀に制作されたもので、一周すると様々なパターンのモザイク画に触れることが出来ます。

カトリックをモチーフとしたモザイク

モザイクの中にはカトリックにまつわるものもいくつかあります。すべて4世紀(おそらく360年頃)のものなので、当時のカトリック文化を知る上でも、とても貴重な存在です。写真は「トラディティオ・レギス(法の授与)」という宗教画。初期のカトリックでよく用いられるテーマの一つで、中央にいるイエスさまが髭が無いのがポイント。普段私たちがみるイエスさまより、より若々しく感じられます。

コスタンツァの石棺

さて、肝心なコスタンツァのお墓(棺)ですが、これは館内の一角にちゃんと設置されています。…が、こちらは実はレプリカ。本物はバチカン美術館に所蔵されています。天使や孔雀、羊などがあしらわれた、愛らしい棺。西暦340年頃の作品で、実物は台座も含め、約2.25メートルのビックサイズです。天使たちの姿にはある秘密が…後ほどご紹介します。

サンタ・コスタンツァ霊廟 是非食べてほしい逸品

Don nino

「ドン・ニーノ」は、サンタ・コスタンツァ霊廟に行くほとんどの方が利用するであろう最寄り駅「サンタニェーゼ・アンニバリアーノ(S. Agnese-Annibaliano)駅」から、歩いて5分ほどのところにある超人気ジェラート専門店です。市内に何店舗かあるのですが、エリトリア通り店(Viale Eritrea)は、場所柄比較的空いているので、イタリア語や英語を普段使わない方も、落ち着いてゆっくりと注文できると思います。是非チェックしてみてください。

サンタ・コスタンツァ霊廟ワンポイントアドバイス

「ブドウ狩りをする天使たち」
コスタンツァの棺の中に描かれた天使たちは、皆でブドウの収穫をしています。これはワインづくりのワンシーン。実は館内の外周を彩るモザイク画にも同テーマの作品があしらわれており(「コスタンツァのモザイク」の項の写真ご参照)これらは諸説ありますが人間の死を「ブドウが潰される(死ぬ)とワインのような素晴らしいものが出来る」ということになぞらえていると言われています。

サンタ・コスタンツァ霊廟観光での注意点

サンタ・コスタンツァ霊廟観光での注意点
  1. 入場無料です。
  2. 毎日9時から12時、15時から18時迄開いています。
  3. 駅からは徒歩約5分です。

サンタ・コスタンツァ霊廟周辺は、ローマの観光中心部からはやや離れた場所にあります。日本人(アジア人)はどうしてもイタリアにいると目立ってしまうので、変なことに巻き込まれないようにする為にも、明るいウチに観光を済ませましょう。

まとめ

なおサンタ・コスタンツァ霊廟への入口は「Via Nomentana 349」もしくは「Via di S. Agnese 3」いずれかになります。私は後者を利用しましたが、いずれもゲートを抜けて中に入る為、もし利用予定のゲートが閉まっていたら、もう一方をチェックしてみてください。霊廟自体はそこまで大きくありませんが、周辺にも重要な史跡がたくさんあります。是非セットで巡ってみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。