行かなきゃ絶対もったいない!フィレンツェ、オンニサンティ教会

行かなきゃ絶対もったいない!フィレンツェ、オンニサンティ教会|イタリア観光ガイド

オンニサンティ教会に行ってきました!

フィレンツェの街に溶け込むようにひっそりと佇む、オンニサンティ教会。うっかりすると素通りしてしまいそうな教会ですが、フィレンツェまで来たのであれば行かなきゃ絶対もったいない!その魅力をご紹介します。

オンニサンティ教会とは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. 観光客が少なく、教会とじっくり向き合える点。
  2. ボッティチェッリ等、偉人達が眠る教会である点。
  3. いつもと違ったフィレンツェの魅力に出会える点。

有名な教会が大渋滞している華の都フィレンツェ。その中で、オンニサンティ教会は、なかなかガイドブックなどで紹介されることがない穴場スポットで。…が!行かなきゃ絶対もったいない!というのも、あの サンドロ・ボッティチェッリをはじめとする偉人達が眠る由緒正しき教会だからです。フィレンツェに来ると、いつも同じところばかり巡ってしまう…という方にもおすすめのスポットです。

オンニサンティ教会 押さえておくべき魅力とは?

街に溶け込むようなファサード

オンニサンティ教会のファサード(正面姿)は、両隣の建物にぴったり寄り添うように佇んでいます。ゆえに、歩いていると、うっかり素通りしてしまいまそう!オンニサンティ通り(Borgo Ognissanti)に入ったら、是非1つ1つの建物を、丁寧に見て行ってください。現在のファサードはマッテオ・ニゲッティ(Matteo Nigetti)が手掛けたもの。目の前にはオンニサンティ広場(Piazza Ognissanti)が広がっています。

美しい天井画が織りなす館内

外は控えめなオンニサンティ教会ですが、中は華やかな空間が広がっています。教会自体が出来たのは13世紀の終わりですが、内部は19~20世紀にかけて修復されとても綺麗。大きな窓もたくさんあるので、曇りの日でも、しっかり彫刻や天井画を観ることができます。特にフィレンツェ出身の画家、ジュゼッペ・ロメイ(Giuseppe Romei)による天井画は必見です。

Sant’Agostino

「サン・アゴスティーノ(日:書斎の聖アウグスティヌス)」は「ヴィーナスの誕生」「春」の作者として有名なボッティチェッリにより描かれた作品。ボッティチェッリの描く男性像を見たのははじめて!という方も多いのではないでしょうか?オンニサンティ教会を加護していた名門ヴェスプッチ家の仕事を受けていたボッティチェッリ。本作品の上部にもヴェスプッチ家の紋章が描かれています。

Cenacolo di Ognissanti

ボッティチェッリとともにヴェスプッチ家に愛されていた画家ギルランダイオ。オンニサンティ教会の中には彼の作品も飾られています。特に「チェナーコロ・ディ・オンニサンティ(最後の晩餐)」はわかりやすいテーマなこともあって、大人気。作品は縦約4メートル、横約8メートル強ある超巨大なもので、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐との人物の配置の違いや、臨場感あふれる各々の表情が興味深いです。

ボッティチェッリの墓

オンニサンティ教会はボッティチェッリが眠る教会としても有名。また、ボッティチェッリが”理想の女性”と謳った、シモネッタ・ヴェスプッチが埋葬されていることでも知られています。シモネッタといえば、描かれた肖像画を見れば、誰もが思わずうっとりしてしまうほどの絶世の美女。ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」のモデルとなった人物とも言われています。

オンニサンティ教会 是非食べてほしい逸品

Gelateria La Carraia

「ジェラテリア・ラ・カッライア」は、オンニサンティ教会から歩いて5分ほどのところにあるジェラート専門店。フィレンツェのジェラートランキングなどがテレビや雑誌で特集されると、必ずと言っていいほど登場する有名店のひとつです。ジェラートの種類も豊富で盛りも良い!教会からお店へ向かう途中に渡ることになるカッライア橋からの絶景もお見逃しなく♪

オンニサンティ教会ワンポイントアドバイス

「最後の晩餐は教会のなかにはありません!」
ギルダンライオの最後の晩餐は、教会本体の中にはありません。教会の左横にある扉から中庭へ。回廊をまっすぐ進んだ突き当りある、修道院の旧食堂の中にありますのでご注意ください。なお、修道院はイタリア語で「Convento(コンヴェント)」。迷ったらこの文字が書いてある看板を探すor周りの人に尋ねましょう。

オンニサンティ教会観光での注意点

オンニサンティ教会観光での注意点
  1. 最後の晩餐の鑑賞できる日は限られています。
  2. 教会の正式名所は「Chiesa di San Salvatore in Ognissanti」です。
  3. 教会には昼休みがあります。

イタリアには「オンニサンティ教会」という名の施設がたくさんあります。教会の正式名称もどこかに控えておきましょう。最後の晩餐が見られる日は月土の9時~13時のみ。教会は12時30分~16時まで昼休憩があります。(水曜午前は休)

まとめ

オンニサンティ教会には、この他にもジョットの「十字架磔刑(Croce di ognisanti)」やギルダンライオの「書斎の聖ヒエロニムス(San Girolamo)」といった傑作が飾られています。いずれも教会本体の内にありますので、是非忘れずに鑑賞しましょう。特に書斎の聖ヒエロニムスはボッティチェリの書斎の聖アウグスティヌスと対になって飾られているので、見比べてみるのも面白いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。