360度豪華!ジェノヴァ、サンティッシマ・アヌンツィアータ教会

360度豪華!ジェノヴァ、サンティッシマ・アヌンツィアータ教会|イタリア観光ガイド

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会に行ってきました!

リグリーア州の州都、ジェノヴァ。かつて海洋大国として一大栄華を誇った港町の中心部にある、白の際立つサンティッシマ・アヌンツィアータ教会の魅力を、たっぷりとご紹介します。

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会とは?絶対行くべき理由ベスト3

おすすめのポイント
  1. どこもかしこも豪華絢爛な教会を楽しめる点。
  2. 街中でアクセス抜群な点。
  3. ヴェネツィアの歴史の一端を感じられる点。

「サンティッシマ・アヌンツィアータ教会(Basilica della Santissima Annunziata del Vastato/バジリカ・デッラ・サンティッシマ・アヌンツィアータ・デル・ヴァスタト)」は、ジェノヴァのヌンツィアータ広場(Piazza della Nunziata)の一角に建つ大きな教会です。駅からは徒歩で約10分。外観から内装までとにかく豪華絢爛で、ジェノヴァの栄華をとことん体感できます。

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会 押さえておくべき魅力とは?

オーラ満点の「ファサード」

駅から街中へ向かって歩いていると、突如現れる大きな教会。神殿を思わせる太い円柱に2つの鐘楼…とにかく贅を尽くした美しいファサード(正面口)は、ジェノヴァ出身の建築家カルロ・バラビーノ(Carlo Barabino)によって設計されました。その後、ジョヴァンニ・バッティスタ・レザスコ(Giovanni Battista Resasco)によって整えら、現在の姿に。時間がない方も、是非外観だけはご見学ください!

ジェノヴァいち!?絢爛豪華な「天井画」

中に入ると驚くのは、館内がとにかく中央通路から側廊まで、金で縁取られた天井画でびっしりと埋め尽くされているコト。中央通路上に描かれているのは、イエスさまや聖母マリアに関する宗教画で、ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ(Giovanni Battista Carlone)の作品です。兄弟で画家だった彼。市内中心部の世界遺産等でも、二人の共演を楽しむことができます。

万華鏡のような「クーポラ」

まるで万華鏡のようなクーポラ。画家アンドレア・アンサルド(Andrea Ansaldo)による作品で、聖母マリアが天に召されるシーン(聖母被昇天)が壮大なスケールで描かれています。アンドレア・アンサルド傑作であり、死の直前まで描き続けた遺作でもある本作。クーポラのカーブを絶妙に活かして、聖母マリアが天に召される様子は必見です。

白の際立つ「中央祭壇」

天井画やクーポラに比べると少しだけ?シンプルな中央祭壇周辺。白基調の空間が、華やかな天井とのギャップがあって、なんだか心が落ち着きます。十字架の上部を彩るパステルカラーの絵画は、ジュリオ・ベンソ(Giulio Benso)の作品。側面には天井画も手掛けたジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネの作品も飾られています。

扉上の「最後の晩餐」

宗教画が中心のサンティッシマ・アヌンツィアータ教会ですが、普段カトリックに馴染みのない方でも正面扉上の絵は興味をそそるハズ…。そう、こちらはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵でもおなじみの「最後の晩餐」。ジュリオ・チェザーレ・プロカッチーニ(Giulio Cesare Procaccini)が1618年に描いたもので、天井に描かれたイエスさまの物語と一緒に見ると、さらにグっとくるものがあります。

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会 是非食べてほしい逸品

Pansotti

「パンソッティ」はいわゆる「ラビオリパスタ」の一種。ソースがかかっている為見えにくいですが、中には緑色の詰め物がぎっしり入っています。緑色の正体は”Preboggion(プレボッジョン)”。ジェノヴァのあるリグーリア地方で自生しているハーブで、なかなか他では手に入れることが出来ない貴重な一品。是非現地でそのお味を試してみてください♪

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会ワンポイントアドバイス

「ジェノヴァとジェノア」
ジェノヴァのイタリア語のスペルは「Genova」。しかし街に繰り出すと「Genoa(ジェノア)」と書かれた看板やお土産ものがたくさんあることに気付きます。コレ…実は英語の綴りなんです。よく似ているので、お土産を帰国後にチェックしたら「Genoa」だったり「Genova」だったりばらっばら…なんてことはしょっちゅう。どちらも間違いではありませんが、こだわり派の方は是非「Genova」と書いてあるものをお選びください。

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会観光での注意点

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会での注意点
  1. 月曜から土曜は7時半から19時半まで開いています。
  2. 日曜は8時半から19時半まで開いています。
  3. 入場無料です。

教会までは電車で行く場合、Darsena(ダルセナ) 駅が最寄り駅となります。駅からは徒歩約3分。体力や天候などと相談しながら交通手段をお選びください。

まとめ

サンティッシマ・アヌンツィアータ教会はとにかく広く、礼拝堂の数も10つ以上あります。いずれも絢爛豪華で「どれが見どころなのかわからなーい!」という方も多いはず。そんな時、こちらのレポを是非参考にしてもらえたら嬉しい限りです!駅と世界遺産群とのちょうど中間地点にある教会。他の観光スポットとセットでも巡りやすい場所にありますので、是非覗いてみて下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。